"We Love 💕 Carovana Romantica, always a good fun rally and great routes. Very friendly participants. What makes them #1 are the special visits they organise and entertainment. Come and join the enthusiasts!"

 

Susan S., London

それはすべて1982年に始まりました...

1982年以来、Carovana Romanticaが参加している乗組員はイタリア半島の隠れた美しさを発見するように導いてきました。
Gianalberto D’Ammassaの情熱のおかげで、「グランドツアー」のスタイルでデザインされこのラリーは1982年10月13日に初めて開催されらした。
Gianalbertoはイタリアで最初の長距離ラリーを開催し、そこにはASIの15会員クラブが参加しました。CAMEC会長のGiacomo di Roccatagliataに調整されたクラブの間にCAEM(マルケ)、CAMEC(カンパニア、CAMECS(カラブリア、シチリア)、CAMET(トスカーナ)CMAE(ミラノ)、CRAME(ロマーニャ)-CRLM(ローマ)、CVAE(ベネト)Lancia Club(トリノ)OM&NDCのアブルッツォ、VCC E Bernardi、VCC(コモ)、VCC エトナ、VCC パノルマスがあります。
装備の中で1949年以前に物産されてイタリアの10州から着いた70台以上の自動車があって、スイスもイギリスからもたくさんありました。南イタリアの最大のエンジンイベントになれるように全てが出し合いました。

特に注目に値する車: 1895年のスタンレー蒸気機関車 (Tommasini)、1912年のド・ディオン・ブートンDHスパイダー (Spadaro)、1912年のイタラコルサ、1918年のOM465スポーツ(Di Tocco)、1922年のフィアット501魚雷スポーツ(Tenconi)、1926年のイソッタフラスキニA8クーペ・ド・ヴィル (Genovese)、1927年のランチア・ラムダ (Cantù)、1928年のフィアット509コルサ (Vaccari)、1928年のブガッティ44魚雷 (Pensabene)、ビアンキS5カブリオレ (Riccardi)、1932年のフィアット508 B 3m (Sparano)、1933年のランチア・アルテナ228 (Crespi)、1934年のフィアット508Sミッレミリア(Ciuffi)、1934年のランチア・ディラムダ・カブリオレ (Maggi)、1936年のフィアット508 4M魚雷 (Di Nicola)、1939年のランチアアストゥーラ(Vaccari)。

旅程は次の行程に分けられました: ナポリ、カゼルタ、サレルノ、アヴェリーノ、ベネヴェント、ポンペイ、そしてアマルフィ海岸、ラヴェッロとポジターノ。

あのような繰り返される事のないシーズンの主人公達の中には、Ciuffi,Di Tocco, Vaccari,Fittipaldi なとが記憶に残されています。そして、Golden Motoringの最も重要なライダーとチャンピオンの何人かはポジリポのナポリサーキットの最初で唯一の記念の証人でした: Juan Manuel Fangio, Gigi Villoresi, Mariateresa De Filippis, Pietro Taruffi, Sergio Mantova。

注目に値するのものは、カゼルタ王宮で優雅のコンテストで、100つ以上の乗組が参加しました。

長年にわたり、多くのヨーロッパのコレクターとロールス・ロイス、Enthusiast クラブ、SMVC、AVCA、DEUVETのような最大のクラブのメンバーがCarovana Romanticaのラリーに参加しました。

今日は、Carovana Romanticaは第37版の準備をしているイベントです。参加者は非常に並外れた戦前の車を運転する世界中からのコレクターです。

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - Bianco Circle
  • Instagram - White Circle

© 2018 by Mediterranean Escapes. All rights reserved